建築工事費

建築工事費は、住宅の建築費用です。本体工事費、付帯工事費、別途工事費などと分けられることもありますが、一般的には全てを含めた工事費用を建築工事費と呼びます。

工事請負契約書印紙代

工事請負契約書印紙代は、工務店との間で契約が交わされる際に必要な費用です。 
取引代金 (契約書に記載される工事請負金額) によって印紙代は異なります。

  • 印紙代

1,000万円以上~5,000万円以下:1万円 (注)
5,000万円以上~1億円以下:3万円 (注) 

(注) 契約書作成日が平成30年3月31日までの取引に適用されます。

建築確認申請料

建築確認申請料とは、建物を建ててもいいという許可をもらうための申請(建築確認申請)や中間検査・完了検査などを行う際に必要な証紙の費用です。

【建築確認申請料の目安】30万円程度

水道加入金

地盤調査費

家を建てる前に地盤が問題ないかどうかをチェックするための費用です。

【地盤調査費の目安】7〜10万円

地盤補強費

地盤調査の結果、地盤が弱いので改良する必要があるということになったらかかる費用です。
どれくらいの面積をどの程度改良するかによって費用は変わります。

【地盤補強費の目安】50万〜100万円程度は見ておいた方がいいと思います。

建物表示登記(登録免許税)

建物表示登記とは、所在、家屋番号、種類、構造、床面積、新築した日付、所有者などの情報を登記するものです。
費用に関しては、登録免許税は無税なので費用はかかりませんのが、土地家屋調査士への代行手数料のみです。

【建物表示登記の目安】5〜10万程度

所有権保存登記(登録免許税)

所有権保存登記は、新たに建てた建物について、所有権は私にありますと登記する時にかかる費用です。
費用は登録免許税と司法書士への代行手数料です。登録免許税は建物の評価額によって異なります。

【所有権保存登記の報酬】10万円〜15万円程度

各種祭典費用

各祭典費用とは、地鎮祭の費用や上棟式の費用、近隣挨拶費や工事関係者へのお茶菓子代などのことです。
これらは絶対に必要な費用という事ではありませんが、工事関係者や近隣への気配りは最低限行うようにしましょう。

【各種祭典費用の目安】15万円程度