家づくりコラム

選択

住宅ローンのとても大切な考え方。

家を建てる人のほとんどが使っているであろう、住宅ローン。

昨年、家を買った友人も、会社の先輩も、取引先のあの人も。

住宅ローンは

簡単に言ってしまえば、「借金」。

なので、一般的には頭金は多いほうがいいし、

借りる年数は短いほうがいい。

繰り上げ返済もバンバンしていく。

自分もそう思うし、周りの友達や親からもそうやって言われる。

でも、本当にそれが正しいのか?

基準は?

お父さん・お母さん・友人・先輩・上司。

いろんな人の経験はとっても参考になる。

確かに。

変動金利で組むなら

その友達の環境や条件なら

親が家を建てた時代なら、そうかもしれない。

でも今なら?

自分なら?

と考えたら一概にはいえない。

住宅ローンの選択肢は無数。

どこの銀行?

固定か変動か?

預貯金は?

世帯年収は?

 

選択

例えば、

変動金利型の住宅ローンなら

金利上昇リスクを加味して、

繰り上げ返済をバンバンしたり、

収入や貯蓄額によっては、

頭金を沢山入れてもいいかもしれない。

でも、

全期間固定型の住宅ローンなら

金利の変動リスクはゼロ。

今なら金利もたったの1%前後。(ちなみにお父さん・お母さんの時代は3%~4%だった)

返済期間中に死亡した場合には

保険で残債はチャラになる。

だとしたら

手元にあるキャッシュをどんどん返済に回す事が

本当に最善な「選択」なのか?

未来予想

思わぬタイミングで

車が壊れたり、

何か急にお金が必要になったり

あってはいけないことだけど、

不慮の事故だってあり得る。

最も金利が低い

住宅ローンの返済を優先して

後から高い金利のローン

(車、教育、フリー)

が必要になったら?

本末転倒

ですよね?

少しでも、

なるほど。と思ったら。

資金計画ですっきり!無料相談会へ。https://www.jyu-ka.jp/news/