家のデザインにも流行りと廃りがある

家の見た目や外観を考えるうえで、斬新で人目を引くスタイリッシュなデザインに憧れを抱くことはあるかと思います。

ただ、そうしたデザインは、いつの時代も注目も的であり続けるのでしょうか?

流行に乗っかって珍しいデザインを採用すると、数年後には逆に“時代遅れ”となりかねません。

注文住宅を建てるうえで、長く愛される普遍的なデザインを取り入れるにはどのようなことに注意すればよいのでしょうか。

流行りが過ぎると“時代遅れ”になってしまう家のデザイン

マイホームという家族で過ごす大切な空間は、もっともプライベートが許される場でもあります。

そのため、住まいに関しても他人とは違う“自分なりの個性”を表現したいと考える人もいます。

ただ、ファッションの流行が毎年移り変わっていくように、家のデザインにも流行り廃りがあることをご存知でしょうか?

ファッションであれば流行り廃りに合わせて買い替えることもできますが、家の場合は高額な買い物だけにそうはいかないでしょう。

 

住宅において特に流行り廃りが激しいのは、他の国のデザインをモチーフにしたものが挙げられます。

たとえば南国風のように暖かい気候の国の建物や西洋風のようにヨーロッパの装飾がなされた建物を模したデザインは、建てた当初は人目を引き、多くの人の関心を集めます。

しかし、流行りが終わるとたちまち廃れていく傾向にあるようです。

オススメは飽きのこないシンプルなデザイン

自分の好みに合わせて自由にデザインをオーダーできる点が注文住宅のメリットですが、流行を追いすぎることは得策ではないでしょう。

「自分なりの個性を出したい」と考えがちなところですが、最初から流行り廃りのないシンプルなデザインを採用するのがベターだと言えます。

長きにわたり多くの人から支持される家のデザインとは、シンプルなデザインを基調にすることです。

白やナチュラルカラーといったオーソドックスな色をメインに使うようにしましょう。

ただ、その中でも目立たない部分にビビットな色を使用したり、自分の個性をワンポイント入れることで特徴的でありながら飽きのこないデザインを実現できます。

シンプルでオーソドックスな中にアクセントとして自分の個性を出すといった形がおすすめとなります。

まとめ

家のデザインをするうえで一番に考えなくてはならないのは、今の流行りをどう取り入れるのかではなく、10年後、20年後になっても「そのデザインに飽きることなく住み続けていられるのか」ということです。

現状はデザインに満足していても、自身が年を取って高齢になったり、子どもたちが大人になったりした際に好むデザインなのかを想像してみることをおすすめします。