注文住宅と建売住宅のメリット・デメリット

一戸建てに住みたい、マイホームが欲しいと考えたとき、迷うのが「注文住宅」を建てるか、「建売住宅」を買うかです。注文住宅と建売住宅には、それぞれメリットとデメリットがあり、また向き不向き合うというのもあります。

それぞれの特徴をまとめてみましたので、自分にはどちらが適しているのか、チェックしてみてください。

注文住宅のメリット・デメリット

注文住宅のメリット

注文住宅のメリットは、自分で考えて好きな家を建てられることにあります。間取りや設備にこだわりがある人は、それを叶えてくれる注文住宅の方が向いています。

他にも例えば、ペットと一緒に暮らしやすい家がほしい、プライバシーを守れる二世帯住宅がほしい、バリアフリーの家がほしいなど、注文住宅であれば叶えたいこだわりはほとんど叶えられます。また内装も外装も自分好みで選べるので、周囲と同じような家にはしたくないという人にも向いています。

間取りも、姉妹だから広い子ども部屋を共有させたい、異性の兄妹だから子どもの数だけ子ども部屋をつくりたいなど、家族が快適に住む形を選ぶことができます。

家を建てるまでの工程が多く、手間はかかりますが、その分愛着を持って住み続けることができるのも注文住宅のいいところです。

注文住宅のデメリット

注文住宅のデメリットは、計画から家を建てて入居するまで、たくさんの手間や作業、時間が必要なことです。土地選びから施行会社選び、家の間取りの設計から外装のひとつひとつに至るまですべてカスタマイズするので、それだけ建てる手間と時間はかかります。

また、自由度が高いのであれもこれもやりたい!となると、予算が増えてしまいがちでもあります。

建売住宅のメリット・デメリット

建売住宅のメリット

建売住宅のメリットは、既に建っている家を買うので、購入から入居までがスピーディだということです。住宅ローンの手続きなどが済めば、賃貸契約と変わらないくらいの期間で入居することができます。

また実際に買う家を見て購入を決められる、というメリットもあります。カタログやサンプルで外壁や床、壁紙を見るのと、実際のサイズで見るのとでは、イメージと違うということもありえますので、イメージ違いを避けられるのは大きなメリットです。

建売住宅のデメリット

建売住宅は一度に10戸、20戸と分譲されることが多く、コストダウンのために資材をまとめて発注するケースがほとんどです。そのためデザインや外壁などが同じ、または似た家が並ぶことになり、「自分だけの家」という特別感が薄れてしまうデメリットがあります。

また、注文住宅の場合は建築中から施工主が顔を出したり、差し入れをしたりして、お互いに顔が見えるところで大工さんが仕事をします。そうなると、心理的に「手は抜けない」仕事となります。しかし建売の場合は、建築中に施工主と大工さんが顔を合わせることはほとんどありません。できるだけ早く安く売るために、建設期間も非常に短いケースがあるというのも事実です。

まとめ

注文住宅と建売住宅、どちらもメリットとデメリットがあります。

特に家や間取りにこだわりがなく、できるだけ早く手間なく買いたい人には建売がおすすめです。ですが、せっかくの人生最大の買い物です。隅々まで納得できる自分の家を持ちたいという人には、やはり注文住宅がおすすめです。

手間や時間はかかりますが、それはすべて家の出来に反映します。こだわりと愛着が詰まった家ならば、毎日の暮らしも充実したものになりそうですね。