住家〜JYU-KA〜のデメリット

① 知名度が低い

広告宣伝費をほとんどかけていないため、大手ハウスメーカーに比べ、知名度が非常に低いです。しかし、芸能人を使用したりテレビCMなどに多額の広告宣伝費をかけている会社は、その分、建築費に上乗せされています。多額な費用を掛ければそれなりに知名度は高くなりますが、住家~JYU-KA~がいい家を安く建てている理由の1つとして、広告費をあまりかけていない事があげられます。

② 会社規模が小さい

少数精鋭でやっているため、大手ハウスメーカーに比べ、一度にたくさんの工事はできません。1棟1棟丁寧に施工しているため、受注が多いときは、工事の着工を待っていただくことがあるかもしれません。

③ 極端なデザイン重視の設計はしません

お客様のご要望はもちろん、耐震性・耐久性・快適性・省エネ性・メンテナンス性のことも考えながら設計と施工を行います。つまりデザイン性を重視するあまりにそれら(耐震性・耐久性・快適性・省エネ性・メンテナンス性)を阻害してまでのデザインはお勧めできません。そのため、斬新な建物をご希望の方は他の設計事務所を検討いただくことをおすすめします。

④ ただ安いだけの家は頼まれても建てません

住家~JYU-KA~は、設計・デザインから施工まで、こだわりをもった職人の集団です。その為、「質は求めないから、とにかく安い家を建てて」と言われると、職人魂が熱くならず、お客様とコミュニケーションがとれなくなり、「いい家」が建てられなくなってしまいます。

⑤ 値引きはしません

なぜなら・・・

すべてのお客様へ全力で同じパフォーマンスをご提供させていただいております。

値引きをする会社と値引きをしない会社

住宅会社の販売戦略として、値引きをする会社も多く存在することは確かですが、住家~JYU-KA~は値引きをしない会社です。

私たちはお客様と変な駆け引きはしない会社こそが善意だと考えます。つまり、値引きを要求されたお客様には安くし、値引きを要求されなければその正規費用をいただく会社ではありません。

これは、正規費用をいただいているお客様へ大変失礼だと考えるからです。 私たちの家づくりに見合った対価(お金)を皆さまから同じようにいただくことがお客様に対しての礼儀であり、信頼だと思います。

料金=価値

お客様からいただく料金。それはお客様が私たちの家づくりの価値に対してお支払い頂くモノです。私たちは家づくりという技術を用いて価値を提供し、それに対して適正な対価を頂いております。

つまり、値引きをするということは、自社の価値を下げるとことと同義語なのです。 私たちが提供する技術という商品はカタチあるものではありません。

だからこそお客様の期待に応えるために、その裏では多くの時間や犠牲を伴っています。その目に見えないモノに対してお客様から「家づくりをお任せて頂く」にはそれほどの「技術・知識・経験」必要だと考えております。

私たちが値引きをできない理由

私たちの家づくりに対する「情熱」や「技術」に対しての「価値」をお客様へ提供する、それに対して「対価」をいただくという「信頼関係」を重んじるからです。

地域に必要とされる会社として、これからもお客様と『信頼関係』を築いていきたいです。